日泰寺弘法縁日

覚王山日泰寺弘法縁日
昨日の覚王山日泰寺は毎月21日の弘法縁日で賑わっていました。

21日は弘法大師こと空海さんが入定された日ということで、
多くの屋台が出て、爺さん婆さんで溢れかえります。
巣鴨のような感じでしょうか。
続きを読む


火曜会10月のお稽古

10月のお稽古は、風炉の名残りとして、中置でのお点前となりました。半年間お風炉でお稽古させてもらえた感謝の気持ちでお点前させていただきました。個人的には、お濃茶の稽古をさせていただき、先生、先輩方にたくさんのことを教えていただけた月となりました。お稽古の準備をしてくださった先生、先輩方に心より感謝を申し上げて先に進めさせていただきたいと思います。

続きを読む


炉を開くから炉開き

炉を開くと書いて、開炉、炉開き。

風炉の場合は、風炉開きとはあまり言わず、初風炉(しょぶろ)と言ったりします。

この「開く」という言葉は、あたりまえ過ぎて意識したことがありませんが、
辞書を引いてみると、
続きを読む


炉開きに織部・備前・瓢

11月は炉開き、
正確には旧暦の亥の月の最初の亥の日などに行うそうですが、
風炉をしまい炉を使い始める日、
初夏に摘み取った茶葉を茶壺で寝かせ、その茶壺の口を切る日、
茶人の正月と言われるほど、おめでたい節目です。
続きを読む


日曜美術館「謎の田園画家のメッセージ 久隅守景」

日曜美術館で江戸時代前期の絵師、久隅守景(くすみ もりかげ)が紹介されていました。

狩野探幽の高弟であったが、何等かの理由で狩野派を離れ、その後どこに住んだのか、いつまで生きたのかも分かっていない謎の絵師だそうです。
続きを読む


火曜会9月のお稽古

火曜会9月のお稽古は重陽の節句や中秋の名月にまつわるお話が自然と上がり、簾戸をお取替えいただきましたことなど、様々な角度からだんだんと秋の深まりが感じられました。またフィンランドの方が見学に来られるなど、話題に事欠かず、時間が過ぎるのを速く感じるお稽古となりました。お稽古の場を整えてくださった、先生、先輩方にお礼申し上げます。

続きを読む


中置の理由も諸説あるようで

10月に用いられる中置の点前。

風炉の最後の月で涼しくなってきたため、
火(風炉)を客に近づけ、水(水指)を客から遠ざけるという意味で、
風炉を点前畳中央に据え、水指を勝手付に置く。
続きを読む